『蒙古遊牧記』

2007年8月27日0 コメント

先日、神田の古書店で『蒙古遊牧記』という全十六巻(六冊本)を格安で入手した。しかも線装本である。帰宅してから調べてみると、かつて出版された影印本でもかなり値がはるという希少書のようだ。私のような個人が所蔵するにはいささか気が引ける。

ちなみに、学習院大学図書館の和漢籍蔵書目録データベースで調べてみたところ、同図書館には『蒙古遊牧記』を含む『皇朝藩属与地叢書』の全六集が収蔵されている。

この他にも同データベースでモンゴル関係の和漢書を検索してみたが、賽尚阿『蒙文晰義』という書物の存在がひときわ目を引いた。清代に著されたモンゴル語の規範書のようだ。機会があったらぜひ閲覧しに行ってみたい。

この記事が気に入ったら...

コメントを投稿